「フリー」ビジネスモデルの発展

 

変化の速い時代において、数年前のビジネス書が無価値になっていることは多い。

しかし、8年前(2009年)の本になるにもかかわらず、ワイアード誌の編集長であるクリスアンダーソン氏が執筆した『フリー』という本は今の時代に通じる内容であり、損には全くならない。

それどころか、現代の「フリー」というビジネスモデルを包括的に理解するためには、必読ともいえる。

 

フリーのビジネスモデルの中で注目されており、本でも述べられているのは、「広告」によるフリーや「少数課金」によるフリーだ。 ともに大きな規模を前提としてフリー」ビジネスモデルの発展、ほんの一部のユーザーが広告をクリックしたり、課金したりすることにより収益があがる仕組みだ。 これらの「フリー」モデルによって発展したサービスは、FacebookやNewsPicksや数々のゲームなど数えきれない。

 

そして、さらに興味深いのは新たな『フリー』モデルが誕生していることだ。 それは、「コンテンツ開放型」といえるフリーのモデルである。 これは、絵本も含む書籍に見られるモデルで、キングコングの西野さんや、Showroomの前田さんが「コンテンツ開放型」の先駆者といえると思う。

「コンテンツ開放型」とはコンテンツを売るにも関わらず、そのコンテンツを無料(フリー)にしてしまうビジネスモデルだ。 絵本であれば、絵そのものを、ビジネス書であれば、文章そのものを無料で開放するのだ。

「なぜ利益が出るのか分からない」という人も多いかもしれないが、コンテンツを無料で知ったにもかかわらず、そのコンテンツを有料で買う人が多い。

なぜなのか。

ふと考えてみると、我々は中身を知らない物を買わない。むしろ中身についてほとんど知っているものにお金を払う。

 

例えば、絵。

有名な絵を見に行くために、多くの人は美術館に行く。絵自体は見たことあるにも関わらず。

例えば、ライブ。

知っている曲を聴くために、ライブに行く。曲自体は知っているにも関わらず、我々は聞きに行く。いやむしろ、知らない曲はつまらない。

 

本や絵本も同様である。 ある程度、中身をしった上で私たちは購入しているはずだ。 だから無料公開しても買われるのだ。 半沢直樹シリーズだって、ストーリーの流れは知った上で、購入しているはずだ。 この「コンテンツ開放型」の発展は実に興味深い。 音楽業界では曲自体は限りなく安くなり、ライブで稼ぐようになっている。 飲食や教育でもコンテンツ開放型が導入されるのではないかと期待している。

他人の「What」の「How」を考える人材になってないか。

社会人になって、「想像とは違った!」という悩みを抱えたりすること人は多い。
それは、やりたいこと(What)を持って入社したのに、
入社後には、「上司のやりたいこと(What)をいかに(How)やるか」に取り組まなければいけないからだ。

藤原先生の言葉を変えれば、ひたすらに「情報処理」を求められいて、「情報編集」は全く求められていない。
知識や論理力の十分でないので仕方がない点はあるが、全ての労働時間を「他人のWhat」に向けて力を使うことはは非常に危険なことである。

なぜなら、やりたいこと(What)を考える力や「情報編集能力」は鍛えなければ、すぐに衰えてしまうからだ。
皆さんの周りにも、40代になって、「他人のWhat」を処理することしかできない哀しい人たちがいると思う。
今までは彼らを憐れむだけでよかったかもしれないが、今後10年でAIに代替されてしまう可能性が高い。なぜなら「How」を考える力や「情報処理能力」はAI(ただのシステムとっても)の得意分野だからだ。

だからこそ、
自分の「What」を持って実行する力
藤原先生でいう「情報編集力」
落合さんでいう「モチベーション」
前田さんでいう「人生の勝算」
が求められている。

経済合理性にあった施策を(パート②)


世の中には経済合理性にあっていない制度が多いという話の第2段として、「子供を持つことと、長生きすること」

「子供を持つと金がかかる、長生きすると国から長生きしない人よりも金がもらえる」というのが一般的な考えだ。
しかし、冷静に考えてみると、
「子供を持つことは経済的にプラスである」なぜなら、人口が増えることは経済発展につながるからだ。
一方、働かずに年金をもらい、医療費がかかる高齢者は、経済的にだけの極論でいえば悪だ。

このように整理すると
「子供を作るという社会的、経済的に良いことをしているのに、金銭的な負担が重くなっている一方で、長生きをして金食い虫(悪い表現ですいません)になっているのにも関わらず、行政サービスが手厚いという」
という矛盾が見えてくる。

このような矛盾を少しでも解決するために
後期高齢者医療制度」ができたと私は思っている。
簡単にいえば、少し長生きして人は医療費は多く払ってねという制度だ。
長生きは金食い虫なので、税金を多く払うといういい制度だと思う。
成立した当初は、「高齢者いじめ」だの言われたが、誰も変えようとしない。方向性が間違っていないからだ。

子供を産むということは社会的にプラスなことであり、歓迎するべきことだ。だからこそ、金銭面でせめて「トントン」くらいしないと子育ての苦労と割に合わない。
今までが「子供が好き」とか「子供は作るもの」といった宗教に近い、感情論に頼りすぎていたのだと思う。

経済合理性にあった施策を(パート①)

世の中には経済的合理性にあっていない制度が多い。

例えば、
「都市に住むか田舎に住むか」
もちろん移動の自由があるのでどこに住んでも構わない。
しかし、経済発展するためには都市化が必要だ。
ニッチなサービスは人口が集中しているからこそ生まれるし、都市化によって行政サービスも集中できる。

しかし現実はどうか。
都市で稼いだ金が地方に流れ、地方には生み出している富以上の金が流れている。
都市に住む人は、狭い部屋に住み、満員電車に押し込まれた上に、彼らが稼いだお金の一部が地方に流れている。
極めておかしな制度だと思う。

田舎に住むのは構わない、好きな人の気持ちもわかる。
しかし、「田舎に住むことは経済的に悪なので、税金をたくさん払う必要がある(もちろん直接的には言わない)」
といった制度にしなければ、人口が減少する日本に発展はない。

ベーシックインカムの実験

あまり知られてはいないが、「Swiftdemand」というサービスで
ベーシックインカムが体験できる。

一日アクセスごとに、100コインもらえる仕組みになっていて、ネット上のベーシックインカムになっている。
肝心のそのコインは現在は無価値に近い。
なぜなら、コインは換金でもできないし、売買もできないからだ。

しかし、利用人数が増えていき、毎日アクセスするユーザーの属性がある程度分かってくれば「Shiftdemand」側に広告収入が入り、追加サービスの可能性もある。

まずは地道にコインを貯めていって、バズルのを待ちたい。

https://www.swiftdemand.com

「普通の服+いい小物」はダサい

よく、誕生日や記念日にバックや指輪などの「小物」をもらう人がいると思う。
それも「いい小物」をもらうパターンが多い。
そしてその「いい小物」を普通の服や靴に合わせている。

こうして「普通の服+いい小物」といったファッションができる上がるけれども、これは極めてかっこ悪い。
なぜならいい小物が目立ちすぎてしまって、本来のメインがいかにショボいが浮き立ってしまうから。

カップラーメンに高級キャビア上にのっている姿を想像して欲しい。
それをみて、「うわー凄い、これキャビア!?」というだろうか。
言わないと思う。「これ何ラーメン?」とか聞くのが普通だ。

キャビアにはキャビアに合う食事がある。まずはラーメンであることを辞めるのが先だ。

 

要するに、小物はしょせん小物なので、メインを攻めるべきだということ。

いい小物を買う、もらう前に、いい服、いい靴を買う
いい服、いい靴を買う、もらう前にそもそも痩せる。

多くの人は順番を間違えている。
小物は小物なのであって、見せびらかさなくていい。
実は安いやつで構わないんだ。

ガラパゴスでいい

数年前にガラパゴス批判ってあったけれども、今から思うとガラパゴスで何が悪いのか。
「世界と戦うために、世界と合わせるべき、プラットフォーマーになることが大切、ガラパゴスはダメ」という論調だったと思う。
確かに、そういった指摘が当てはまることもある。
ただその一方で、当てはまらないことも多い。

例えば、都市の発展。
都市は極端にガラパゴス化していい。
秋葉原が普通の街になったらつまらない。

アニメなどのいわゆる、「クールジャパン」的な文化に特化してほしい。

外国人観光客が、新宿に行く?
いかないと思う。新宿は「普通の都市」だから。
むしろガラパゴス化してない都市はだめ。ぱっとイメージがつくような都市を目指すべき。
渋谷といえばIT企業
六本木は外国人、ヒルズ族
清澄白河だったらおしゃれなカフェ。

一方で、新宿、池袋、品川は何を思い出せるだろうか?
出てこない人が多いと思う。それじゃダメ。独自に発展しないと。

文化の発展も同じ。
よく、バレンタインとかハロウィンがもともとの趣旨と違うなんていう批判あるけど、そんな批判はどうでもいい。
周りと同じことをするのではなく、独自に発展するから文化なのであって、全く世界と合わせる必要がない。ガラパゴス化大歓迎。

産業だってそう。
コンビニなんて、ものすごくガラパゴスだけれども、素晴らしい産業。
他の国には、持っていけない?
確かにそうかもしれない。
それでいい。だからこそ、日本で発展するし、外国人にも評判がいい。
そして、外国では外国に合わせる。それが例えば東南アジアで発展したコンビニのイートインスペースだったりする。
さらに面白いのは、そのイートインスペースが日本に来たこと。
そうやって、その都市ごとに独自の発展を遂げ、たまに輸出入される。それが面白い。

もしかしたら、日本のバレンタインが、逆輸出される時が来るかもしれない。
そしたらとっても面白いと思う。